公害・環境私法の展開と今日的課題 - 吉村良一

環境私法の展開と今日的課題 吉村良一

Add: zujav28 - Date: 2020-12-13 07:06:54 - Views: 724 - Clicks: 3755

公害・環境私法の展開と今日的課題 (立命館大学法学部叢書)作者: 吉村良一出版社/メーカー: 法律文化社発売日: /08/01. 年提供制限 国立国会図書館内限定公開 原資料(URL). 吉村 良一 ハードカバー ¥10,000.

新版 フォーマット: 図書 責任表示: 富井利安, 伊藤護也, 片岡直樹共著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法律文化社, 1997. a-3 50 二つの環境 いのちは続いている 大日本図書 (著者)武田 邦彦 年 a-3 51 地球環境破壊・生態系としての自然 新風舎 (著者)大原 啓輔 年 a-3 52 公害・環境私法の展開と今日的課題 法律文化社 (著者)吉村 良一. 環境六法令和2年版2 環境六法令和2年版1 環境条約交渉の政治学 : なぜ水俣. 公害・環境訴訟講義/吉村 良一(社会・時事・政治・行政) - 公害・環境訴訟を中心にして、環境法の展開と現在を描いたテキスト。水質汚染、騒音公害、アスベスト被害、原発訴訟など現実の訴訟を取り上げ、主要な. 6 形態: 1 オンラインリソース : 挿図 著者名: 吉村, 良一(1950-) 書誌ID: RBISBN: (: electronic bk.

吉村 良一(著者):1950年奈良県生まれ。京都大学法学部卒業。立命館大学法科大学院特任教授。博士(法学)(立命館大学)。著書に「公害・環境私法の展開と今日的課題」など。. 主著:人身損害賠償の研究(1990年、日本評論社)、公害・環境私法の展開と今日的課題(年、法律文化社)、環境法の現代的課題(年、有斐閣)、環境法入門(第4版)(共編著)(年、法律文化社)、福島原発事故賠償の研究(共編著)(年、日本評論社)、市民法と不法行為法の. ユーザーレビュー|公害・環境私法の展開と今日的課題 立命館大学法学部叢書|書籍, 本情報|社会・政治|法律|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非. 1950年奈良県生まれ。京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。立命館大学法務研究科(法科大学院)教授。著書に「人身損害賠償の研究」「公害・環境私法の展開と今日的課題」など。 目次タイトル: 第1部 市民法と民法学: 第2部 不法行為法論: 第1編. 公害環境訴訟の新たな展開 権利救済から政策形成へ.

公害・環境の法律 資料種別: 図書 責任表示: 野村好弘著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 1981. か、吉村良一「ドイツにおける環境民事責任論の動向」同『公害・環境私法の展 開と今日的課題』55頁(法律文化社、年、初出・1990年)がドイツ環境法に おける不法行為法(民事責任論)を、鈴木美弥子「ドイツ環境法における公法と. 『不法行為法』(吉村良一) のみんなのレビュー・感想ページです(4レビュー)。作品紹介・あらすじ:改正により新条文に取り込まれた記述の趣旨を明らかにするとともに、新たな判例や学説をフォローして、標準的な教科書が一層充実! 環境法入門 : 公害から地球環境問題まで フォーマット: 図書 責任表示: 吉村良一, 水野武夫編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法律文化社, 1999. 不法行為法 第. 2: ページ数または枚数・巻数: 7,459p: 大きさ: 22cm: 価格 ¥7000: ISBN:: ISBN: 4. 6 形態: x, 240p ; 21cm 著者名:.

『公害・環境私法の展開と今日的課題』(法律文化社、年)と、水野武夫弁護 士や藤原猛爾弁護士らとの共編著による『環境法入門』(法律文化社、初版は 1999年)でもお世話になった。筆者の環境法研究において欠くことのできない 共同作業者である。. 公害と環境法の展開 資料種別: 図書 責任表示: 富井利安,伊藤護也編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法律文化社, 1987. 公害訴訟: 内容紹介: 公害・環境訴訟を中心にして、環境法の展開と現在を描いたテキスト。水質汚染、騒音公害、アスベスト被害、原発訴訟など現実の訴訟を取り上げ、主要な論点を解説する。法科大学院での講義の内容をまとめたもの。 著者紹介: 1950年.

5 形態: x, 260p ; 21cm 著者名:. 公害問題総覧 フォーマット: 図書 責任表示: 公害対策情報センター編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ケイザイ春秋社, 1972. 環境法の現代的課題--公私協働の視点から (立命館大学法学叢書/09/01. 公害; 公害--便覧; 公害--法令: 分類・件名: ndc6 : 519. 不法行為法:吉村良一. 公害・環境私法の展開と今日的課題 (立命館大学法学部叢書) /08/01.

吉村 良一/著: 人名ヨミ: ヨシムラ リョウイチ: 出版者・発行者等: 日本評論社: 出版者・発行者等ヨミ: 公害・環境私法の展開と今日的課題 - 吉村良一 ニホン ヒョウロンシャ: 出版地・発行地: 東京: 出版・発行年月:. 宇治 梓紗/著 共有資源管理利用の法制度 奥田 進一/著 基本講義環境問題・環境法 小賀野 晶一/著 ケーススタディ環境法令管理実践ガイ. 6 形態: 193p ; 18cm 著者名: 野村, 好弘(1941-) シリーズ名: 日経文庫 ; 301 書誌id: bnisbn:. 85-105 吉川良一『公害・環境私法の展開と今日的課題』初版,年,p. 環境法の現代的課題 公私協働の視点から. また、環境利益の保護に関連して公法と私法の交錯・協働のテーマにも取り組んでいる。 関連する著書として『不法行為法(第4版)』(有斐閣'10年刊)『環境法入門(第2版)』(共編・法律文化社'02年刊)、『公害・環境私法の展開と今日的課題』(法律文化社'02年)がある。. 環境法入門.

Knowledge Worker:商品詳細-「Knowledge Worker(ナレッジワーカー)」は丸善雄松堂株式会社が運営する、法人向け書籍販売サービスです。各種分野の専門書、学術書を中心に、丸善ならではのサービスをご提供いたします。. 公害・環境私法の展開と今日的課題 (立命館大学法学部叢書) 吉村良一/法律文化社 /08出版 356p 22cm ISBN:NDC:519. 所属 (現在):一橋大学,大学院法学研究科,教授, 研究分野:公法学,公法学,環境政策・環境社会システム,小区分05070:新領域法学関連,中区分5:法学およびその関連分野, キーワード:リスク管理,公法学,リスク,行政法,災害対策,リスク行政,リスク分析,リスクコミュニケーション,放射性廃棄物,食品. 公害・環境私法の展開と今日的課題 吉村 良一 (著) /08. 12 税込,250 お取り寄せ. 不法行為法の立法的課題 7 なってきた。これが一点目です。るいは平穏な生活を営む権利・利益、こういうものが問題にある種の公共的な性格も持っている、そういう権利・利益、あウムで取り上げられております。例えば、景観、環境といったいう問題.

公害・環境訴訟講義 資料種別: 電子ブック 責任表示: 吉村良一著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法律文化社,. 吉村 良一 | 年06月22日頃発売 | 訴訟形態および被害類型別に訴訟の展開・争点・公害政策の課題を解説した体系的概説書。「被害者救済」を重視する視点から争点・訴訟の結論についての私見を明示し、今後の理論構築への示唆をあたえる。平成30年3月の福島原発判決まで網羅。. 永野 亮/著 環境法 北村 喜宣/著 企業と環境法 : 対応方法と課題. 永続的識別子 info:ndljp/pid/9993922 タイトル 公害・環境訴訟における差止論の現状と課題 : 差止に関する日中比較研究(その1) 著者 張挺 出版者 立命館大学 出版年月日 掲載雑誌名 立命館法学. 吉村 良一 略歴 〈吉村良一〉1950年奈良県生まれ。京都大学法学部卒業。立命館大学法科大学院特任教授。博士(法学)(立命館大学)。著書に「公害・環境私法の展開と今日的課題」など。. 公害・環境私法史研究序説(1) 「自己決定権」 論の現代的意義・覚書 環境保護と憲法--国家の統制による予防か民事責任法による予防か (1993年立命館・フライブルク大学連続講演会).

1950年奈良県生まれ。京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。立命館大学法務研究科(法科大学院)教授。著書に「人身損害賠償の研究」「公害・環境私法の展開と今日的課題」など。 一般件名. 「環境権の今日的意義」 法学研究科私法学専攻博士後期課程3年 大山 直樹 1、はじめに 本稿は、環境権の私法上の権利としての今日的意義について、その課題や理論上の再構成 を試みるものである。わが国では、かつて深刻な公害や環境汚染等が発生し1. 1.総説環境法とは何か,環境法の理念・原則 2.環境法の歴史(1) 3.環境法の歴史(2) 第2回目と第3回目の講義を通じて、わが国の環境法がどのようにして生成発展してきたかを概観する。 4.公害賠償(1) 序説,権利侵害,過失責任・無過失責任 5 ndc8 : 519 ndlc : az-572 ndlsh : 公害 ndlsh : 公害 -- 法令 ndlsh : 公害 -- 便覧: 注記: 監修:環境科学研究所: タイトルのヨミ、その他のヨミ: コウガイ モンダイ ソウラン: ttll: jpn: 著者名ヨミ: コウガイ タイサク ジョウ. 1950年奈良県生まれ。京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。立命館大学法務研究科(法科大学院)教授。著書に「人身損害賠償の研究」「公害・環境私法の展開と今日的課題」など。 件名1: 市民法: 件名2: 不法行為. 公害・環境訴訟講義の本の通販、吉村良一の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで公害・環境訴訟講義を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは理工書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。未来屋書店店頭と本の通販サイトの売上ランキング. 7 形態: 1460p : 図 ; 27cm 注記: 監修:環境科学研究所 著者名: 公害対策情報センター 書誌ID: BN01644434. DOORSは同志社大学の学術情報検索システムの名称です。蔵書を検索して、資料の所在や利用状況を知ることができます。DOGS Plus、学術リポジトリ、同志社女子大学、CiNii Books、CiNii Articles、NDLサーチを検索することもできます。.

青森県知事選挙 : (付)青森県第39〜41回総選挙 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: アオモリケン チジ センキョ : フ アオモリケン ダイ39 41カイ ソウセンキョ. 淡路 剛久(あわじ たけひさ、1942年(昭和17年)1月1日 - )は日本の法学者。 専門は、民法、環境法。 川島武宜に師事した。 立教大学 名誉教授。 実弟に囲碁棋士(九段)の淡路修三がいる 要出典. 公害・環境私法の展開と今日的課題 発売日:/08 著者:吉村良一 シリーズ:---- 出版社:法律文化社 ジャンル:他法律 ISBN:品番:bkt水辺林の生態学 リバースモーゲージと住宅 高齢期の経済的自立 ちいさい星 母と子の詩集 支笏・樽前. 吉村良一さんのご紹介 ~人身損害賠償と公害の法理論 追究 公害問題をきっかけに不法行為法に関心を持ち、'74年京都大学大学院 に進学。大学院では奥田昌道教授の下で、ドイツの不法行為研究を行い、 '79年に立命館大学に赴任。'08年から法科大学院に移籍。.

公害・環境私法の展開と今日的課題 - 吉村良一

email: iweqegu@gmail.com - phone:(650) 979-9149 x 9957

動かぬ証拠はレモンクリーム ドーナツ事件簿2 - ジェシカ・ベック -

-> なぜなぜ 生物学 - 日本分子生物学会
-> 志賀高原 - 佐々木信一

公害・環境私法の展開と今日的課題 - 吉村良一 - 制作グループ お気に入りVIDEOをプロデュース SCCライブラリーズ


Sitemap 1

ビジネス・コミュニケーション - コミュニケ-ション国際会議 - 日本語の音韻 日本語の世界